おバカ社長に怒鳴られて理解に苦しむ件

アホな社長のいつも通りの行動だけど、やっぱり理解できない。

アホ社長『なんでA商品の売り上げがこんなに悪いんだ?』

のん太『これこれこういう理由です。しかし月半ばで進捗が悪かったため、他のB商品でカバーし売り上げ利益共に予算を達成しています。』

アホ社長『いや、そんなの関係ないから。なんでA商品の数字がこんなに悪いか言ってみて。対策どうするの?どんなステップでどういう施策するわけ?』

っと執拗に聞いてくる。

ほんとにうるさい。

目的が何だか完全に見失っている。

何か特別な理由がなければ、企業は存続させるために、事業を成長させるために利益を残せばいいのだ。

それがAという商品で残した利益でも、Bという商品で残した利益でも関係ないのだ。

そもそも目標設定するときも、売り上げ、利益決めたのちにそれを達成するためにはそれぞれの商品をいかほどうるか、後から商品毎は決めていく。

繰り返しになるがAが売れないと困る理由は何もない。

要は売り上げ利益を残せばいいのだ。

そういった意味ではのん太は売り上げ利益共に物凄い貢献をしている。

なのに、とにかくダメなところを指摘して、担当者を追い詰める事が趣味のクソ社長はブチ切れて怒鳴ってくるわけよ。

パワハラよパワハラ。

今までに何人このクソ社長のせいで退職したか。

はー。次の犠牲者はのん太かな。

ダレカタスケテー!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村


日々の出来事ランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする